Perl/Amazon/Home.md
... ...
@@ -1,8 +1,8 @@
1
-# Amazon Web Services
2 1
[[_TOC_]]
3
-~~#ls2~~
2
+- [[BrowseNodeSearch]]
3
+- [[getImages]]
4 4
5
-## リンク
5
+# リンク
6 6
- Amazon Web Services [日本語](http://aws.amazon.com/jp/) / [英語](http://aws.amazon.com/)
7 7
- [Product Advertising API](https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/main.html)
8 8
- [Release Notes](http://aws.amazon.com/releasenotes/Product-Advertising-API)
Perl/ApacheErrorLogFormatter.md
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
[[_TOC_]]
2
-----
2
+
3 3
# 概要
4 4
- Apache の error_log を HTML テーブルとして整形する。
5 5
- mod_security 対応。
Perl/AutoHashedFuncs.md
... ...
@@ -1,11 +1,10 @@
1
-# AutoHashedFuncs
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- 関数名を指定しなくても関数定義するだけで自動的にハッシュに登録されるサンプル。
6 5
- 型グロブを使って定義されている関数をスキャンする。
7 6
8
-## ソース
7
+# ソース
9 8
- [AutoHashedFuncs.zip](AutoHashedFuncs.zip)
10 9
```Perl
11 10
# 関数名を指定しなくても関数定義するだけで自動的にハッシュに登録される。
... ...
@@ -70,7 +69,7 @@ for my $key ( qw( decode1 decode2 decode3 decode4 decodeAdd Add decodeMul Mul he
70 69
# EOF
71 70
```
72 71
73
-## リンク
72
+# リンク
74 73
- [perldoc.jp](http://perldoc.jp/) / [Perlのリファレンスとネストしたデータ構造](http://perldoc.jp/pod/perlref)
75 74
76 75
- [サンプルコードによるPerl入門](http://d.hatena.ne.jp/perlcodesample/) / [型グロブとシンボルテーブル](http://d.hatena.ne.jp/perlcodesample/20080614/1213428778)
77 76
\ No newline at end of file
Perl/DBIx-Custom.md
... ...
@@ -1,15 +1,14 @@
1
-# DBIx::Custom
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- [CPAN:DBIx-Custom](http://search.cpan.org/dist/DBIx-Custom) を使用して MS SQL Server に対してクエリを実行するサンプル。
6 5
- Where 句に「:UserID{=}」とか付け加えたいとこだけど、「$dbi->not_exists」がうまく働いてなくて値無しだとハングアップするみたいだ。
7 6
- というか MS SQL Server の ODBC はハングアップし過ぎ。ちゃんとエラー出して止まってくれ。
8 7
9
-## ソース
8
+# ソース
10 9
- [DBIx-Custom.zip](DBIx-Custom.zip)
11 10
12
-### summarize.pl
11
+## summarize.pl
13 12
```perl
14 13
#!/usr/bin/perl
15 14
# DBIx::Custom サンプル
... ...
@@ -153,7 +152,7 @@ sub readXSV
153 152
# EOF
154 153
```
155 154
156
-### DB_Connect.yaml
155
+## DB_Connect.yaml
157 156
```
158 157
# DB接続情報
159 158
Driver: ODBC
... ...
@@ -169,9 +168,10 @@ Options:
169 168
DSN: _Driver_:Driver={SQL Server}; Server={_Server_}; Database=_DB_; Trusted_Connection=_Trusted_Connection_; AutoTranslate=_AutoTranslate_;
170 169
```
171 170
172
-## リンク
171
+# リンク
173 172
- [[DBIx::NamedParams|Perl/DBIx-NamedParams]]
174 173
175 174
- [CPAN:DBIx-Custom](http://search.cpan.org/dist/DBIx-Custom)
176 175
- [CPAN:DBIx-Custom/lib/DBIx/Custom/Where.pm](http://search.cpan.org/dist/DBIx-Custom/lib/DBIx/Custom/Where.pm)
177
- - [CPAN:DBIx-Custom/lib/DBIx/Custom/Order.pm](http://search.cpan.org/dist/DBIx-Custom/lib/DBIx/Custom/Order.pm)
178 176
\ No newline at end of file
177
+ - [CPAN:DBIx-Custom/lib/DBIx/Custom/Order.pm](http://search.cpan.org/dist/DBIx-Custom/lib/DBIx/Custom/Order.pm)
178
+
179 179
\ No newline at end of file
Perl/DBIx-NamedParams.md
... ...
@@ -1,14 +1,13 @@
1
-# DBIx::NamedParams
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- mysql でも prepare でプレースホルダとして ? じゃなく名前で指定できるようにする。
6 5
- 同じ名前を繰り返し使ってもエラーにならない。
7 6
- こっちより [CPAN:DBIx-Custom](http://search.cpan.org/dist/DBIx-Custom) の方が柔軟で高機能だなー。どうしたもんか。
8 7
- [CPAN:DBIx-NamedBinding](http://search.cpan.org/dist/DBIx-NamedBinding) に比べると、bind_param_ex の1回でバインドできるのと型指定できる点が勝ってるかな。
9 8
10
-## 使用法
11
-### スカラーのバインド
9
+# 使用法
10
+## スカラーのバインド
12 11
- 「:名前-型」でスカラー値を bind する。
13 12
```perl
14 13
my $sql_insert = qq{
... ...
@@ -20,7 +19,7 @@ $sth_insert->bind_param_ex( { 'Name' => 'リオ', 'State' => 1, 'RegDate' => '20
20 19
$sth_insert->execute() or die( "$DBI::errstr\n" );
21 20
```
22 21
23
-### 配列(個数指定あり)のバインド
22
+## 配列(個数指定あり)のバインド
24 23
- 「:名前{個数}-型」で配列値を個数個分 bind する。
25 24
```perl
26 25
my $sql_select = qq{
... ...
@@ -33,7 +32,7 @@ $sth_select->bind_param_ex( { 'State' => [ 1,2,4,8 ] } );
33 32
$sth_select->execute() or die( "$DBI::errstr\n" );
34 33
```
35 34
36
-### 配列(個数指定なし)のバインド
35
+## 配列(個数指定なし)のバインド
37 36
- 「:名前+-型」で配列値を配列要素個分 bind する。<br />
38 37
prepare_exの引数としてSQL文と共に割り当てるハッシュを指定する必要がある。
39 38
```perl
... ...
@@ -47,30 +46,30 @@ $sth_select = $dbh->prepare_ex( $sql_select, { 'State' => [ 1,2,4,8 ] } )
47 46
$sth_select->execute() or die( "$DBI::errstr\n" );
48 47
```
49 48
50
-### デバッグログの採取
49
+## デバッグログの採取
51 50
- プレースホルダの解析結果、解析後の SQL 文、バインドされる値をログファイルに書き出します。
52 51
- ファイル名を省略すると、ホームディレクトリ(Linux: 環境変数 HOME, Windows: 環境変数 USERPROFILE)にログファイル(DBIx-NamedParams.log)が作られます。
53 52
```
54 53
DBIx::NamedParams::debug_log( 'testNamedParams.log' );
55 54
```
56 55
57
-### DBD のデータタイプに対応する SQL タイプのハッシュ
56
+## DBD のデータタイプに対応する SQL タイプのハッシュ
58 57
```
59 58
my %DrvTypeToSQLType = $dbh->driver_typename_map();
60 59
```
61 60
- [[MySQL の例|#MySQL_DataType_Map]]
62 61
- [[MS SQL Server の例|#MSSQL_DataType_Map]]
63 62
64
-## 変更履歴
65
-### 0.0.5 / 2011/09/28
63
+# 変更履歴
64
+## 0.0.5 / 2011/09/28
66 65
- driver_typename_map メソッドが返すハッシュを調整。DB が MS SQL Server の場合、datetime および smalldatetime に対して DATE ではなく WVARCHAR を割り当てるようにした。
67 66
68
-### 0.0.4 / 2011/09/17
67
+## 0.0.4 / 2011/09/17
69 68
- driver_typename_map メソッド追加。その DBD で使用できるデータタイプに対応する SQL タイプ名のハッシュを返す。
70 69
- デバッグログのファイル名を指定できるようにした。ログの体裁の調整。
71 70
- MS SQL Server 版のサンプルを作成。datetime 型にバインドするのに DATETIME じゃなくて WVARCHAR(VARCHAR) 使わなくちゃいけないなんて、そんなん考慮しとらんよ…。
72 71
73
-### 0.0.3 / 2011/04/17
72
+## 0.0.3 / 2011/04/17
74 73
- 機能面での追加・変更はなし。
75 74
- 「use base;」を「use parent;」に変更。
76 75
- import にて、継承元である DBI の import を呼び出すようにしたけど、不要かも?
... ...
@@ -79,13 +78,13 @@ my %DrvTypeToSQLType = $dbh->driver_typename_map();
79 78
- bind_param_ex にて、「no warnings;」を「no warnings 'uninitialized';」に変更。
80 79
- bind_param_ex にて、$ref_hash が HASH であることを確認するようにした。
81 80
82
-### 0.0.2 / 2011/03/07
81
+## 0.0.2 / 2011/03/07
83 82
- prepare_ex のときに @_NamedParams をクリアするようにした。
84 83
85
-## ソース
84
+# ソース
86 85
- [NamedParams.zip](NamedParams.zip)
87 86
88
-### NamedParams.pm
87
+## NamedParams.pm
89 88
```perl
90 89
# DBI::db::prepare, DBI::st::bind_param を拡張する。
91 90
# http://www.TakeAsh.net/wiki/?Perl/DBIx-NamedParams
... ...
@@ -288,7 +287,7 @@ sub bind_param_ex
288 287
# EOF
289 288
```
290 289
291
-### testNamedParams_MySQL.pl
290
+## testNamedParams_MySQL.pl
292 291
```perl
293 292
#!/usr/bin/perl
294 293
# DBIx::NamedParams のテスト
... ...
@@ -384,7 +383,7 @@ exit;
384 383
# EOF
385 384
```
386 385
387
-### DB_Connect_MySQL.yml
386
+## DB_Connect_MySQL.yml
388 387
```
389 388
# DB接続情報
390 389
Driver: mysql
... ...
@@ -399,7 +398,7 @@ DSN: "_Driver_:database=_DB_; host=_Server_; port=_Port_;" # Linux
399 398
#DSN: "_Driver_:database=_DB_:host=_Server_" # Windows
400 399
```
401 400
402
-### createUsers_MySQL.sql
401
+## createUsers_MySQL.sql
403 402
```sql
404 403
SET SQL_MODE="NO_AUTO_VALUE_ON_ZERO";
405 404
... ...
@@ -412,7 +411,7 @@ CREATE TABLE `Users` (
412 411
) ENGINE=MyISAM DEFAULT CHARSET=utf8 AUTO_INCREMENT=1 ;
413 412
```
414 413
415
-### InputData.yml (MySQL/MSSQL 共通)
414
+## InputData.yml (MySQL/MSSQL 共通)
416 415
```
417 416
---
418 417
- { Name: リオ, State: 1 }
... ...
@@ -423,7 +422,7 @@ CREATE TABLE `Users` (
423 422
- { Name: アーニャ, State: 6 }
424 423
```
425 424
426
-### testNamedParams_MSSQL.pl
425
+## testNamedParams_MSSQL.pl
427 426
```perl
428 427
#!/usr/bin/perl
429 428
# DBIx::NamedParams のテスト
... ...
@@ -519,7 +518,7 @@ exit;
519 518
# EOF
520 519
```
521 520
522
-### DB_Connect_MSSQL.yml
521
+## DB_Connect_MSSQL.yml
523 522
```
524 523
# DB接続情報
525 524
Driver: ODBC
... ...
@@ -533,7 +532,7 @@ Options:
533 532
DSN: _Driver_:Driver={SQL Server}; Server={_Server_}; Database=_DB_;
534 533
```
535 534
536
-### createUsers_MSSQL.sql
535
+## createUsers_MSSQL.sql
537 536
```sql
538 537
USE [TestDB]
539 538
GO
... ...
@@ -590,7 +589,7 @@ print join( "\n", DBIx::NamedParams::all_sql_types() ) . "\n";
590 589
# EOF
591 590
```
592 591
593
-### 出力
592
+## 出力
594 593
```
595 594
Perl version: 5.010001
596 595
DBI version: 1.616
... ...
@@ -656,7 +655,7 @@ WLONGVARCHAR
656 655
WVARCHAR
657 656
```
658 657
659
-## MySQLのデータタイプ
658
+# MySQLのデータタイプ
660 659
```
661 660
---
662 661
bigint: BIGINT
... ...
@@ -710,7 +709,7 @@ varchar: VARCHAR
710 709
year: SMALLINT
711 710
```
712 711
713
-## MS SQL Server のデータタイプ
712
+# MS SQL Server のデータタイプ
714 713
```
715 714
---
716 715
bigint: BIGINT
... ...
@@ -752,7 +751,7 @@ varchar: VARCHAR
752 751
xml: WLONGVARCHAR
753 752
```
754 753
755
-## リンク
754
+# リンク
756 755
- [[DBIx::Custom|Perl/DBIx-Custom]]
757 756
758 757
- [安全なウェブサイトの作り方](http://www.ipa.go.jp/security/vuln/websecurity.html) 安全なSQLの呼び出し方
... ...
@@ -822,4 +821,4 @@ xml: WLONGVARCHAR
822 821
823 822
- [CPAN:perl](http://search.cpan.org/dist/perl) POSIX strftime
824 823
825
-- [CPAN:FindBin-libs](http://search.cpan.org/dist/FindBin-libs)
826 824
\ No newline at end of file
825
+- [CPAN:FindBin-libs](http://search.cpan.org/dist/FindBin-libs)
827 826
diff --git "a/Perl/EPS\343\203\225\343\202\241\343\202\244\343\203\253\344\275\234\346\210\220/Home.md" "b/Perl/EPS\343\203\225\343\202\241\343\202\244\343\203\253\344\275\234\346\210\220/Home.md"
828 827
index 6ce7d84..2e680f1 100644
829
--- "a/Perl/EPS\343\203\225\343\202\241\343\202\244\343\203\253\344\275\234\346\210\220/Home.md"
828
+++ "b/Perl/EPS\343\203\225\343\202\241\343\202\244\343\203\253\344\275\234\346\210\220/Home.md"
... ...
@@ -1,20 +1,22 @@
1
-# EPSファイル作成
2 1
[[_TOC_]]
3
-~~#ls2~~
4
-----
5
-## 幾何学図形と文字
6
-### 概要
2
+- [[SimpleEPS]]
3
+- [[V圧着葉書テンプレート]]
4
+- [[エンコーディング]]
5
+- [[文字の回転]]
6
+
7
+# 幾何学図形と文字
8
+## 概要
7 9
- 使用しているフォントは「小塚明朝 Std - M」。
8 10
- EPS中で「Shift_JIS」で指定する場合は「KozMinStd-Medium-90ms-RKSJ-H」と記述する。(横書き)
9 11
- 画像の埋め込みは行っていない。
10 12
11
-### ダウンロード
13
+## ダウンロード
12 14
- ソースコードと出力されるEPSファイル<br />
13 15
[createEPS.zip](createEPS.zip)
14 16
- EPSファイルをAcrobat Distiller 6でPDFに変換したもの<br />
15 17
[ToneChart.pdf](ToneChart.pdf)
16 18
17
-## リンク
19
+# リンク
18 20
- [[Typography_PDF|etc/Typography_PDF]]
19 21
- [[文字コード|Perl/文字コード]]
20 22
Perl/EscapeSlash.md
... ...
@@ -1,7 +1,6 @@
1
-# C言語スタイルで文字列のエスケープ/アンエスケープを行う
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- 入力された文字列の中の改行など直接記述できない文字にバックスラッシュを付けてエスケープする。
6 5
- PHP関数 [addcslashes](http://jp2.php.net/manual/ja/%66%75%6e%63%74%69%6f%6e%2e%61%64%64%63%73%6c%61%73%68%65%73%2e%70%68%70) / [stripcslashes](http://jp2.php.net/manual/ja/%66%75%6e%63%74%69%6f%6e%2e%73%74%72%69%70%63%73%6c%61%73%68%65%73%2e%70%68%70)
7 6
- 2つ目の引数にハッシュを指定することで別の変換を行うことができます。
... ...
@@ -9,11 +8,11 @@
9 8
addcslashes, stripcslashes という関数名は付けられないなぁ。
10 9
- \xXX 形式には対応していません。
11 10
12
-## ソースコード
11
+# ソースコード
13 12
- [EscapeSlash.zip](EscapeSlash.zip)
14 13
15
-### EscapeSlash.pm
16
-```
14
+## EscapeSlash.pm
15
+```perl
17 16
# C言語スタイルで文字列のエスケープ/アンエスケープを行う
18 17
# by TakeAsh
19 18
# ネタ元 http://jp2.php.net/manual/ja/function.addcslashes.php
... ...
@@ -77,8 +76,8 @@ sub unescapeslash{
77 76
# EOF
78 77
```
79 78
80
-### TestEscapeSlash.pl
81
-```
79
+## TestEscapeSlash.pl
80
+```perl
82 81
# EscapeSlash.pm の動作テスト
83 82
84 83
use strict;
... ...
@@ -113,7 +112,7 @@ foreach my $test ( @TestData ){
113 112
# EOF
114 113
```
115 114
116
-## Link
115
+# Link
117 116
- [[Microsoft SQL Server インポート/エクスポート|Perl/MSSQL_ImpExp]]
118 117
119 118
- [勝手に添削 - 40行で作るPerl用テンプレートエンジン](http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50940023.html)
... ...
@@ -121,4 +120,4 @@ foreach my $test ( @TestData ){
121 120
- [Perlメモ](http://www.din.or.jp/~ohzaki/perl.htm) / [改行コードを統一する](http://www.din.or.jp/~ohzaki/perl.htm#CRLF_Unify)
122 121
123 122
- [perldoc.jp](http://perldoc.jp/) / [Perlのリファレンスとネストしたデータ構造](http://perldoc.jp/pod/perlref) / [あまりシンボリックではないリファレンス](http://perldoc.jp/pod/perlref#Not-so-symbolic32references)
124
- - perl のバージョン 5.001 で、中かっこに囲まれたシンボリックリファレンスが よりクォートのように、ちょうどそれが文字列の中にあるかのように 振る舞うという新たな機能が読みやすさのために追加されました。
125 123
\ No newline at end of file
124
+ - perl のバージョン 5.001 で、中かっこに囲まれたシンボリックリファレンスが よりクォートのように、ちょうどそれが文字列の中にあるかのように 振る舞うという新たな機能が読みやすさのために追加されました。
Perl/GD.md
... ...
@@ -1,14 +1,13 @@
1
-# GDライブラリを使って画像の縮小版を作成する
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
5
-GDライブラリを使って画像の 1/2, 1/3, 1/4 縮小版を一括で作成する。
3
+# 概要
4
+- GDライブラリを使って画像の 1/2, 1/3, 1/4 縮小版を一括で作成する。
6 5
7
-## スクリプト
6
+# スクリプト
8 7
- [shrink.zip](shrink.zip)
9 8
10
-## shrink.pl
11
-```
9
+# shrink.pl
10
+```perl
12 11
# 画像一括縮小
13 12
# 「PDATA」以下のpngファイルを1/2,1/3,1/4に縮小し「PDATA2」「PDATA3」「PDATA4」へ保存する。
14 13
... ...
@@ -61,4 +60,4 @@ sub shrink
61 60
# EOF
62 61
```
63 62
64
-## リンク
65 63
\ No newline at end of file
64
+# リンク
Perl/GMTtoLocalTime.md
... ...
@@ -1,11 +1,10 @@
1
-# GMT からローカルタイム(JST)に変換
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- GMT を [CPAN:HTTP-Date](http://search.cpan.org/dist/HTTP-Date) および Perl 標準機能のみを使ってローカルタイムに変換する。
6 5
- GMTtoLocal2 は時差の指定は無視する。
7 6
8
-## ソース
7
+# ソース
9 8
- [GMTtoLocal.zip](GMTtoLocal.zip)
10 9
```perl
11 10
#!/usr/bin/perl
... ...
@@ -65,7 +64,7 @@ sub GMTtoLocal2
65 64
# EOF
66 65
```
67 66
68
-## 出力
67
+# 出力
69 68
```
70 69
Source 2011-11-23T00:00:00Z
71 70
HTTP::Date 2011-11-23 09:00:00
... ...
@@ -84,7 +83,7 @@ HTTP::Date 2012-02-28 21:00:00
84 83
Standard 2012-02-29 06:00:00
85 84
```
86 85
87
-## リンク
86
+# リンク
88 87
- [CPAN:HTTP-Date](http://search.cpan.org/dist/HTTP-Date)
89 88
- [CPAN:Time-Local](http://search.cpan.org/dist/Time-Local)
90 89
- [CPAN:Time-Piece](http://search.cpan.org/dist/Time-Piece)
... ...
@@ -93,4 +92,4 @@ Standard 2012-02-29 06:00:00
93 92
- [GMT による時間表現文字列を JST に変換する Perl コード片](http://chalow.net/2010-03-01-5.html)
94 93
95 94
- [サンプルコードによるPerl入門](http://d.hatena.ne.jp/perlcodesample/)
96
- - [今月の最初の日を表すTime::Pieceオブジェクトを取得する / Time::Piece Tips](http://d.hatena.ne.jp/perlcodesample/20120911/1347331536)
97 95
\ No newline at end of file
96
+ - [今月の最初の日を表すTime::Pieceオブジェクトを取得する / Time::Piece Tips](http://d.hatena.ne.jp/perlcodesample/20120911/1347331536)
Perl/GoogleMapAPI.md
... ...
@@ -1,7 +1,6 @@
1
-# Google Map API を使って始点終点の経路情報と地図画像を得る
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- [Google Directions API](http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/documentation/directions/)を使って経路情報を得る。
6 5
- [Static Maps API](http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/documentation/staticmaps/)を使って経路情報付き画像を得る。
7 6
- 事前にカレントディレクトリに保存用ディレクトリ「map」を作成しておく必要がある。
... ...
@@ -11,9 +10,9 @@
11 10
>gmap.pl 東京 サンフランシスコ
12 11
```
13 12
14
-## ソース
13
+# ソース
15 14
- [gmap.pl](gmap.pl)
16
-```
15
+```perl
17 16
#!/usr/bin/perl
18 17
# gmap.pl
19 18
# 始点終点の経路情報と地図画像を得る。
... ...
@@ -101,7 +100,7 @@ sub encodeURIComponent {
101 100
# EOF
102 101
```
103 102
104
-## リンク
103
+# リンク
105 104
- [[JavaScript/GoogleMapAPI]]
106 105
107 106
- [Google Maps API ファミリー - Google Code](http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/)
108 107
diff --git "a/Perl/HTTP\343\202\242\343\202\257\343\202\273\343\202\271.md" "b/Perl/HTTP\343\202\242\343\202\257\343\202\273\343\202\271.md"
109 108
index bf1c840..faffa26 100644
110
--- "a/Perl/HTTP\343\202\242\343\202\257\343\202\273\343\202\271.md"
109
+++ "b/Perl/HTTP\343\202\242\343\202\257\343\202\273\343\202\271.md"
... ...
@@ -1,11 +1,10 @@
1
-# HTTPアクセス
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 情報源
3
+# 情報源
5 4
6
-~[ActivePerl](http://www.activestate.com/ActivePerl/)には、[libwww-perl](http://lwp.linpro.no/lwp/)がパッケージとして含まれているので、ローカルの Perl/html/site/lib/lwpcook.html を参照すること。
5
+- [ActivePerl](http://www.activestate.com/ActivePerl/)には、[libwww-perl](http://lwp.linpro.no/lwp/)がパッケージとして含まれているので、ローカルの Perl/html/site/lib/lwpcook.html を参照すること。
7 6
8
-## サンプル
7
+# サンプル
9 8
- [TinyProxy.zip](TinyProxy.zip)
10 9
```perl
11 10
#!/usr/bin/perl
... ...
@@ -69,7 +68,7 @@ sub getURI {
69 68
# EOF
70 69
```
71 70
72
-## リンク
71
+# リンク
73 72
- [[Perl/EscapeSlash]]
74 73
- [[Perl/nicoget]]
75 74
Perl/Home.md
... ...
@@ -1,7 +1,6 @@
1 1
[[_TOC_]]
2 2
3 3
# サンプルスクリプト
4
-~~#ls2()~~
5 4
- [GitHub:TakeAsh/p-usDownload](https://github.com/TakeAsh/p-usDownload) Ustream Archive Downloader
6 5
- [GitHub:TakeAsh/p-RecRadiru](https://github.com/TakeAsh/p-RecRadiru) NHK Net Radio らじる★らじる を rtmpdump で録音するスクリプト
7 6
Perl/HostToIP.md
... ...
@@ -1,10 +1,9 @@
1
-# HostToIP
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- ホスト名からIPアドレスを求め、IPアドレスからホスト名を逆引きする。
6 5
7
-## ソース
6
+# ソース
8 7
- [HostToIP.zip](HostToIP.zip)
9 8
```perl
10 9
#!/usr/bin/perl
... ...
@@ -38,7 +37,7 @@ print "$host1\n$ipa\n$host2\n";
38 37
# EOF
39 38
```
40 39
41
-## リンク
40
+# リンク
42 41
- [[Perl/getHostName]]
43 42
44 43
- [CPAN:Socket](http://search.cpan.org/dist/Socket)
Perl/MSSQL_ImpExp.md
... ...
@@ -1,16 +1,15 @@
1
-# Microsoft SQL Server インポート/エクスポート
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- MS SQL Server のテーブルを CSV ファイル(K3フォーマット)としてインポート/エクスポートする。
6 5
- 第1フィールドをプライマリフィールドとして、レコードが未登録か登録済みかを判別し、INSERT または UPDATE を行なう。
7 6
- NULLは「NULL」として書き出される。文字列としてのNULLは「"NULL"」になる。
8 7
- INDEX(オートナンバー)制約があるフィールドには未対応(ハングアップする)。(2011/09/28)
9 8
10
-## ソースコード
9
+# ソースコード
11 10
- [MSSQL_ImpExp.zip](MSSQL_ImpExp.zip)
12 11
13
-### DB_Connect.yaml
12
+## DB_Connect.yaml
14 13
```
15 14
# DB接続情報
16 15
Driver: ODBC
... ...
@@ -24,7 +23,7 @@ Options:
24 23
DSN: _Driver_:Driver={SQL Server}; Server={_Server_}; Database=_DB_;
25 24
```
26 25
27
-### getSchema.pl
26
+## getSchema.pl
28 27
```perl
29 28
#!/usr/bin/perl
30 29
# MSSQLサーバからスキーマを読み出す
... ...
@@ -138,7 +137,7 @@ close( $fhout );
138 137
# EOF
139 138
```
140 139
141
-### getTbl.pl
140
+## getTbl.pl
142 141
```perl
143 142
#!/usr/bin/perl
144 143
# MSSQLサーバからデータ読み出し
... ...
@@ -235,7 +234,7 @@ $dbh->disconnect;
235 234
# EOF
236 235
```
237 236
238
-### setTbl.pl
237
+## setTbl.pl
239 238
```perl
240 239
#!/usr/bin/perl
241 240
# MSSQLサーバへデータ書込み
... ...
@@ -374,8 +373,8 @@ $dbh->disconnect;
374 373
# EOF
375 374
```
376 375
377
-### makeTable.sql
378
-```
376
+## makeTable.sql
377
+```sql
379 378
USE [TestDB]
380 379
GO
381 380
... ...
@@ -445,7 +444,7 @@ CREATE TABLE [dbo].[クラスレベルTable](
445 444
GO
446 445
```
447 446
448
-## Link
447
+# Link
449 448
- [[MS SQL Server|MSSQLSrv]]
450 449
- [[Perl/EscapeSlash]]
451 450
- [[Perl/DBIx-NamedParams]]
... ...
@@ -461,4 +460,5 @@ GO
461 460
462 461
- [「IDENTITY属性を持つ列を探すには」をお題にやったことをBlogる](http://d.hatena.ne.jp/CAMUSs_BLACKBOARD/20040618) @ [CAMUS’s BLACKBOARD](http://d.hatena.ne.jp/CAMUSs_BLACKBOARD/)
463 462
```
464
-EXEC sp_MShelpcolumns [テーブル名]
465 463
\ No newline at end of file
464
+EXEC sp_MShelpcolumns [テーブル名]
465
+```
Perl/MailForm.md
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
[[_TOC_]]
2
-----
2
+
3 3
# 概要
4 4
- ファイルが添付できるメールフォーム。
5 5
- 宛先は config.yaml で指定する。フォームから宛先の追加も可能。
Perl/MatchList.md
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
[[_TOC_]]
2
-----
2
+
3 3
# 概要
4 4
- 正規表現によるマッチ結果をリスト化する。
5 5
- リストコンテキストで /g を付けて評価する。
Perl/MySQL-BIT.md
... ...
@@ -1,15 +1,14 @@
1
-# MySQL BIT型
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- DBI から BIT 型にバインドする際には pack('C*',$x) してからバインドするべし。
6 5
- BIT は TINYINT として実装されている。
7 6
- 格納できる数値より大きな値を格納しようとした場合は全ビットが1になった値が格納される。
8 7
9
-## ソース
8
+# ソース
10 9
- [testBit.zip](testBit.zip)
11 10
12
-### testBit.pl
11
+## testBit.pl
13 12
```perl
14 13
#!/usr/bin/perl
15 14
# testBit.pl
... ...
@@ -125,9 +124,9 @@ sub int2array
125 124
# EOF
126 125
```
127 126
128
-## 結果
127
+# 結果
129 128
130
-### 無変換
129
+## 無変換
131 130
| id | Type | 値 | bit1 | bit4 | bit8 | bit12 | bit16 |
132 131
| --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- |
133 132
| 1 | 'N' | | "\x01" | "\x0F" | | "\00" | "\00" |
... ...
@@ -173,7 +172,7 @@ sub int2array
173 172
| 41 | 'N' | 512 | "\x01" | "\x0F" | "\xFF" | "\x0F\xFF" | "\xFF\xFF" |
174 173
| 42 | 'N' | 513 | "\x01" | "\x0F" | "\xFF" | "\x0F\xFF" | "\xFF\xFF" |
175 174
176
-### pack('Bn',$x)
175
+## pack('Bn',$x)
177 176
| id | Type | 値 | bit1 | bit4 | bit8 | bit12 | bit16 |
178 177
| --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- |
179 178
| 43 | B | | "\0" | "\0" | "\0" | "\0\0" | "\0\0" |
... ...
@@ -219,7 +218,7 @@ sub int2array
219 218
| 83 | B | 512 | "\x01" | "\x0F" | "\xC0" | "\x0F\xFF" | "\xC0\0" |
220 219
| 84 | B | 513 | "\x01" | "\x0F" | "\xE0" | "\x0F\xFF" | "\xE0\0" |
221 220
222
-### pack('C*',$x)
221
+## pack('C*',$x)
223 222
| id | Type | 値 | bit1 | bit4 | bit8 | bit12 | bit16 |
224 223
| --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- | --- |
225 224
| 85 | C | | "\0" | "\0" | "\0" | "\0\0" | "\0\0" |
... ...
@@ -265,7 +264,7 @@ sub int2array
265 264
| 125 | C | 512 | "\x01" | "\x0F" | "\xFF" | "\x02\0" | "\x02\0" |
266 265
| 126 | C | 513 | "\x01" | "\x0F" | "\xFF" | "\x02\x01" | "\x02\x01" |
267 266
268
-## テーブル
267
+# テーブル
269 268
```sql
270 269
CREATE TABLE IF NOT EXISTS `test_bit` (
271 270
`id` int(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
... ...
@@ -283,7 +282,7 @@ DELETE FROM `test_bit` WHERE 1;
283 282
ALTER TABLE `test_bit` AUTO_INCREMENT = 1;
284 283
```
285 284
286
-## リンク
285
+# リンク
287 286
- Perl/packBit
288 287
- MySQL
289 288
Perl/W03_FOMA.md
... ...
@@ -1,11 +1,11 @@
1
-# W-ZERO3のアドレス帳をFOMAのデータリンクソフト用に変換
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
4
+- W-ZERO3のアドレス帳をFOMAのデータリンクソフト用に変換
5 5
- [アドレス帳CSVコンバータ](http://dev.officeservice.co.jp/top/index.php?%A5%BD%A5%D5%A5%C8%A5%A6%A5%A7%A5%A2%2FPocketPC%2FPOCSV)でCSVに書き出した[W-ZERO3]]のアドレス帳を、FOMA [[N701i](http://www.n-keitai.com/n701i/opn.html)に[データリンクソフト](http://www.n-keitai2.com/guide/download/index.html)で読み込める形式に変換する。
6 6
7
-## ソースコード
8
-```
7
+# ソースコード
8
+```perl
9 9
$fin = "W03.csv";
10 10
$fout = "FOMA.csv";
11 11
... ...
@@ -88,7 +88,7 @@ close( OUT );
88 88
# EOF
89 89
```
90 90
91
-## アイコン番号
91
+# アイコン番号
92 92
| | 固定電話 |
93 93
| --- | --- |
94 94
| 1 | 携帯電話 |
... ...
@@ -98,4 +98,4 @@ close( OUT );
98 98
| 24 | 一般メール |
99 99
| 25 | 自宅メール |
100 100
| 26 | 会社メール |
101
-| 27 | 携帯メール |
102 101
\ No newline at end of file
102
+| 27 | 携帯メール |
Perl/WhoisGW.md
... ...
@@ -1,14 +1,13 @@
1
-# WhoisGW
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- jwhois を実行し、ドメイン管理者情報を表示します。
6 5
- spam 送信の元になるため、パスワードを設定するなどして濫用させないようにすること。
7 6
8
-## ソース
7
+# ソース
9 8
- [WhoisGW.zip](WhoisGW.zip)
10 9
11
-### WhoisGW.cgi
10
+## WhoisGW.cgi
12 11
```perl
13 12
#!/usr/bin/perl
14 13
# Whois ゲートウェイ
... ...
@@ -104,7 +103,7 @@ sub makeForm
104 103
# EOF
105 104
```
106 105
107
-### WhoisGW.conf
106
+## WhoisGW.conf
108 107
```apache
109 108
<Directory "/var/www/html/WhoisGW">
110 109
AllowOverride AuthConfig
... ...
@@ -119,6 +118,6 @@ sub makeForm
119 118
</Directory>
120 119
```
121 120
122
-## リンク
121
+# リンク
123 122
- [aguse.jp](http://www.aguse.jp/) ウェブ調査
124 123
- [ANSI Whois Gateway](http://whois.ansi.co.jp/) ドメイン名 / IPアドレス検索サービス
125 124
\ No newline at end of file
Perl/XML-XPath.md
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
[[_TOC_]]
2
-----
2
+
3 3
# 概要
4 4
- XPathを使ってXMLを読む。
5 5
Perl/_Sidebar.md
... ...
@@ -1,5 +1,6 @@
1 1
# [[Perl|/Perl/Home]]
2 2
- [[Amazon|/Perl/Amazon/Home]]
3
+- [[EPSファイル作成|/Perl/EPSファイル作成/Home]]
3 4
- [[ApacheErrorLogFormatter]]
4 5
- [[AutoHashedFuncs]]
5 6
- [[CGI.pm]]
... ...
@@ -9,7 +10,6 @@
9 10
- [[DBIx-Custom]]
10 11
- [[DBIx-NamedParams]]
11 12
- [[decodeQuotedPrintable]]
12
-- [[EPSファイル作成|/Perl/EPSファイル作成/Home]]
13 13
- [[EscapeSlash]]
14 14
- [[GD]]
15 15
- [[getDiskUsage]]
Perl/compareXML.md
... ...
@@ -1,7 +1,6 @@
1
-# XMLファイルを比較
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- XMLファイルを比較し、要素/属性が一致する場合は「=:」、不一致の場合は行頭に「!」を付けて表示します。
6 5
- 他方に項目が無かった場合は「~」が表示されます。
7 6
- XMLの要素も属性も共に配列ではなくハッシュとして取り扱います。
... ...
@@ -10,10 +9,10 @@
10 9
- 3つ以上のXMLファイルも比較できるようにしました。(2012/05/20)
11 10
- 初版(2012/05/18)
12 11
13
-## ソース
12
+# ソース
14 13
- [compareXML.zip](compareXML.zip)
15 14
16
-## compareXML.pl
15
+# compareXML.pl
17 16
```perl
18 17
# XMLファイルを比較
19 18
... ...
@@ -156,8 +155,8 @@ sub eqAll
156 155
# EOF
157 156
```
158 157
159
-## 入力
160
-### Settings.yml
158
+# 入力
159
+## Settings.yml
161 160
```
162 161
Output: diff.txt
163 162
Indent: "\t"
... ...
@@ -172,7 +171,7 @@ XMLOpt:
172 171
"-VALUE"
173 172
```
174 173
175
-### Item1.xml
174
+## Item1.xml
176 175
```
177 176
<SETTINGS NAME="Item1" VERSION="8" >
178 177
<DOCUMENT DOCUMENT_ID="79" NAME="Doc02.indd" SRC="//localhost/Data/2/2/" TYPE="INDD" />
... ...
@@ -200,7 +199,7 @@ XMLOpt:
200 199
</SETTINGS>
201 200
```
202 201
203
-### Item2.xml
202
+## Item2.xml
204 203
```
205 204
<SETTINGS NAME="Item2" VERSION="8" >
206 205
<DOCUMENT DOCUMENT_ID="78" NAME="Doc01.indd" SRC="//localhost/Data/2/1/" TYPE="INDD" />
... ...
@@ -239,7 +238,7 @@ XMLOpt:
239 238
</SETTINGS>
240 239
```
241 240
242
-## 出力
241
+# 出力
243 242
```
244 243
ASSET_LIST:
245 244
ASSET:
... ...
@@ -368,11 +367,11 @@ VERSION:
368 367
=: 8
369 368
```
370 369
371
-## Link
370
+# Link
372 371
- Perl/XML-Simple
373 372
374 373
- [CPAN:XML-Simple](http://search.cpan.org/dist/XML-Simple)
375 374
- [CPAN:Getopt-Long](http://search.cpan.org/dist/Getopt-Long)
376 375
377 376
- [XML Notepad](http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=7973) XmlDiff機能あり
378
-- [diffxml](http://diffxml.sourceforge.net/) XML Diff and Patch Utilities
379 377
\ No newline at end of file
378
+- [diffxml](http://diffxml.sourceforge.net/) XML Diff and Patch Utilities
Perl/decodeQuotedPrintable.md
... ...
@@ -1,7 +1,6 @@
1
-# Quoted Printableのデコード
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- ファイルとして保存された Quoted Printable をデコードする。
6 5
- デコードされたファイルの名前は元のファイル名に「.html」を付けたものになる。
7 6
- 既存ファイルは問い合わせなしに上書きされる。
... ...
@@ -11,7 +10,7 @@
11 10
C:\Perl\bin\perl.exe "D:\myscripts\decodeQuotedPrintable.pl"
12 11
```
13 12
14
-## ソース
13
+# ソース
15 14
- [decodeQuotedPrintable.zip](decodeQuotedPrintable.zip)
16 15
```
17 16
# quoted-printable のデコード
... ...
@@ -53,6 +52,6 @@ ReadKey(0);
53 52
# EOF
54 53
```
55 54
56
-## リンク
55
+# リンク
57 56
- [CPAN:MIME-Base64](http://search.cpan.org/dist/MIME-Base64)
58
-- [CPAN:TermReadKey](http://search.cpan.org/dist/TermReadKey)
59 57
\ No newline at end of file
58
+- [CPAN:TermReadKey](http://search.cpan.org/dist/TermReadKey)
Perl/getHostName.md
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
[[_TOC_]]
2
-----
2
+
3 3
# 概要
4 4
- IPアドレスからホスト名を逆引きする。
5 5
- IPv6 対応。
Perl/initConsole.md
... ...
@@ -1,13 +1,12 @@
1
-# initConsole
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- Linux/Windows共通に環境変数からコンソールの文字コードとホームディレクトリを設定する。
6 5
7
-## ソース
6
+# ソース
8 7
- [initConsole.zip](initConsole.zip)
9 8
10
-### initConsole.pl
9
+## initConsole.pl
11 10
```perl
12 11
#!/usr/bin/perl
13 12
# Linux/Windows共通に環境変数からコンソールの文字コードとホームディレクトリを設定する
... ...
@@ -44,6 +43,6 @@ close( $fhout );
44 43
# EOF
45 44
```
46 45
47
-## リンク
46
+# リンク
48 47
- [[Perl/環境変数]]
49 48
- [[Perl/文字コード]]
50 49
\ No newline at end of file
Perl/makeCodeHighlightKeyword.md
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
[[_TOC_]]
2
-----
2
+
3 3
# 概要
4 4
- PukiWiki の [codehighlight](http://pukiwiki.sourceforge.jp/?%e8%87%aa%e4%bd%9c%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%2f%63%6f%64%65%68%69%67%68%6c%69%67%68%74%2e%69%6e%63%2e%70%68%70) プラグイン用のキーワード設定ファイルを作成する。
5 5
- CSS のグループとキーワードを .yml ファイルから読み取る。
Perl/nicoget.md
... ...
@@ -1,15 +1,14 @@
1
-# nicoget - ニコニコ動画のダウンロード
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- ニコニコ動画の flv/mp4/swf と、コメントのXMLをダウンロードします。
6 5
7
-### 改変元
6
+## 改変元
8 7
- [perl - 勝手に添削 - ニコニコ動画ダウンローダー](http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50885358.html)
9 8
- [perl - ニコニコ動画ダウンローダー新認証対応版](http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50900305.html)
10 9
- [perl - LWP::UserAgentで進捗表示しつつダウンロード](http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51141631.html)
11 10
12
-### 変更点
11
+## 変更点
13 12
- ファイルの種類に合わせて、拡張子を flv/mp4/swf に変える。
14 13
- 設定ファイルをスクリプトと同じ場所に置く。
15 14
- 保存先も設定ファイルに記述する。
... ...
@@ -20,11 +19,11 @@
20 19
- オプションなしで起動したときにwarningが出るのに対処。(2009/04/12)
21 20
- openのレイヤーをbytesからrawに変更。(2009/04/12)
22 21
23
-## ソース
22
+# ソース
24 23
- [nicoget.zip](nicoget.zip)
25 24
26 25
- nicoget.pl
27
-```
26
+```perl
28 27
#!/usr/local/bin/perl
29 28
#
30 29
# nicoget.pl,v 0.1+0.2 2009/04/12 15:00:00 take-ash
... ...
@@ -123,7 +122,7 @@ password: yourpassword
123 122
savepath: C:/temp
124 123
```
125 124
126
-## リンク
125
+# リンク
127 126
- [404 Blog Not Found](http://blog.livedoor.jp/dankogai/)
128 127
- [perl - 勝手に添削 - ニコニコ動画ダウンローダー](http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50885358.html)
129 128
- [perl - ニコニコ動画ダウンローダー新認証対応版](http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50900305.html)
Perl/packBit.md
... ...
@@ -1,7 +1,6 @@
1
-# pack関数でのビットフィールドの取り扱い
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- pack関数のテンプレートで'B'を指定した場合、どのように変換されるのかを確認する。
6 5
- pack する対象は、0/1が連なった文字列。
7 6
- 1文字が1ビットに対応する。
... ...
@@ -10,7 +9,7 @@
10 9
- 0/1 以外の文字は ($x & 0x01) されて解釈される。(10進数として解釈されない)<br />
11 10
例) '256'→'010', '512'→'110', '513'→'111'
12 11
13
-## ソース
12
+# ソース
14 13
- [packBit.zip](packBit.zip)
15 14
```perl
16 15
# pack('B',$x), pack('C',$x) のテスト
... ...
@@ -94,7 +93,7 @@ sub Int2Array
94 93
# EOF
95 94
```
96 95
97
-## 結果
96
+# 結果
98 97
```
99 98
Perl version: 5.014002
100 99
_in bit_pack bit_unpack char_pack char_unpack
... ...
@@ -122,7 +121,7 @@ _in bit_pack bit_unpack char_pack char_unpack
122 121
513 "\xE0" 1110 "\x02\x01" 2,1
123 122
```
124 123
125
-## リンク
124
+# リンク
126 125
- Perl/MySQL-BIT
127 126
128 127
- http://perldoc.jp/
Perl/readXSV.md
... ...
@@ -1,16 +1,15 @@
1
-# CSV(TSV)の読み込み
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- CSV(TSV)を読み込んで、ヘッダ行をキーにしたハッシュの配列を作成する。
6 5
- ファイルの文字コードは UTF-8。
7 6
- { binary => 1 } がデフォルトで指定されるように変更。(2012/02/28)
8 7
- 戻り値が配列のリファレンスであることを確認してからデリファレンスするようにした。(2012/02/28)
9 8
10
-## ソース
9
+# ソース
11 10
- [readCSV.zip](readCSV.zip)
12 11
13
-### readCSV.pl
12
+## readCSV.pl
14 13
```perl
15 14
#!/usr/bin/perl
16 15
# CSV(TSV)を読み込んで、ヘッダ行をキーにしたハッシュの配列を作成する。
... ...
@@ -58,14 +57,14 @@ sub readXSV
58 57
# EOF
59 58
```
60 59
61
-### 入力
60
+## 入力
62 61
| ID | Name | Gender | DOB | Comment |
63 62
| --- | --- | --- | --- | --- |
64 63
| 1 | 芳佳 | 2 | 1930/08/18 | 九字兼定 |
65 64
| 2 | 美緒 | 2 | 1925/08/26 | ドーベルマン |
66 65
| 3 | ミーナ | 2 | 1926/03/11 | 灰色狼 |
67 66
68
-### 出力
67
+## 出力
69 68
```
70 69
---
71 70
-
... ...
@@ -88,7 +87,7 @@ sub readXSV
88 87
Name: ミーナ
89 88
```
90 89
91
-## リンク
90
+# リンク
92 91
- [[Perl/NetWatcher]]
93 92
94 93
- [CPAN:Text-xSV-Slurp](http://search.cpan.org/dist/Text-xSV-Slurp)
Perl/updateEarth.md
... ...
@@ -1,14 +1,13 @@
1
-# updateEarth
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 機能
3
+# 機能
5 4
[Earth Dynamic DNS](http://mydns.to/)に登録した情報を更新するスクリプトです。
6 5
7
-## ダウンロード
6
+# ダウンロード
8 7
- [updateEarth.zip](updateEarth.zip)
9 8
10
-## updateEarth.cgi
11
-```
9
+# updateEarth.cgi
10
+```perl
12 11
#!/usr/local/bin/perl
13 12
14 13
# Earth DynamicDNS の更新スクリプト
... ...
@@ -79,8 +78,8 @@ sub getURI {
79 78
# EOF
80 79
```
81 80
82
-## ipcheck.cgi
83
-```
81
+# ipcheck.cgi
82
+```perl
84 83
#!/usr/local/bin/perl
85 84
86 85
print "Content-type: text/plain; charset=Shift_JIS\n\n";
... ...
@@ -90,4 +89,5 @@ printf( "%s", $remote_addr );
90 89
91 90
exit();
92 91
93
-# EOF
94 92
\ No newline at end of file
93
+# EOF
94
+```
95 95
diff --git "a/Perl/\343\202\252\343\203\226\343\202\270\343\202\247\343\202\257\343\203\210\346\214\207\345\220\221\343\203\227\343\203\255\343\202\260\343\203\251\343\203\237\343\203\263\343\202\260.md" "b/Perl/\343\202\252\343\203\226\343\202\270\343\202\247\343\202\257\343\203\210\346\214\207\345\220\221\343\203\227\343\203\255\343\202\260\343\203\251\343\203\237\343\203\263\343\202\260.md"
96 96
index da7a487..19ad317 100644
97
--- "a/Perl/\343\202\252\343\203\226\343\202\270\343\202\247\343\202\257\343\203\210\346\214\207\345\220\221\343\203\227\343\203\255\343\202\260\343\203\251\343\203\237\343\203\263\343\202\260.md"
97
+++ "b/Perl/\343\202\252\343\203\226\343\202\270\343\202\247\343\202\257\343\203\210\346\214\207\345\220\221\343\203\227\343\203\255\343\202\260\343\203\251\343\203\237\343\203\263\343\202\260.md"
... ...
@@ -1,13 +1,13 @@
1
-# オブジェクト指向プログラミング
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
4
+- オブジェクト指向プログラミング
5 5
- 3x3のビットパターンを表現するクラスを作成し、これを使って回転しても重複しないパターンを探索する。
6 6
- ソース<br />
7 7
[BitPattern.zip](BitPattern.zip)
8 8
9
-## BitPattern.pm
10
-```
9
+# BitPattern.pm
10
+```perl
11 11
# BitPattern.pm
12 12
# ビットパターンクラス
13 13
# 数値に対応するNxNのマトリックスを表現するクラス
... ...
@@ -136,9 +136,9 @@ sub rotate {
136 136
# EOF
137 137
```
138 138
139
-## testBitPattern.pl
140
-### ソース
141
-```
139
+# testBitPattern.pl
140
+## ソース
141
+```perl
142 142
# testBitPattern.pl
143 143
# ビットパターンクラスの動作テスト
144 144
... ...
@@ -176,7 +176,7 @@ foreach ( 1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 170, 325 ){
176 176
# EOF
177 177
```
178 178
179
-### 実行結果
179
+## 実行結果
180 180
```
181 181
0001 / [ [ 1 0 0 ] [ 0 0 0 ] [ 0 0 0 ] ]
182 182
1
... ...
@@ -267,9 +267,9 @@ eq: 1
267 267
*-* -> *-*
268 268
```
269 269
270
-## checkPattern.pl
271
-### ソース
272
-```
270
+# checkPattern.pl
271
+## ソース
272
+```perl
273 273
# checkPattern.pl
274 274
# ビットパターンのチェック
275 275
# 回転しても重複しないビットパターンを探索する
... ...
@@ -300,7 +300,7 @@ printf( "count: %d\n", $count );
300 300
# EOF
301 301
```
302 302
303
-### 実行結果
303
+## 実行結果
304 304
```
305 305
0001 / [ [ 1 0 0 ] [ 0 0 0 ] [ 0 0 0 ] ]
306 306
0002 / [ [ 0 1 0 ] [ 0 0 0 ] [ 0 0 0 ] ]
... ...
@@ -444,5 +444,5 @@ printf( "count: %d\n", $count );
444 444
count: 139
445 445
```
446 446
447
-## リンク
447
+# リンク
448 448
- [Perlオブジェクト指向プログラミング](http://www.rwds.net/kuroita/program/Perl_oo.html)
449 449
\ No newline at end of file
450 450
diff --git "a/Perl/\343\202\255\343\203\274\343\203\257\343\203\274\343\203\211\347\275\256\346\217\233.md" "b/Perl/\343\202\255\343\203\274\343\203\257\343\203\274\343\203\211\347\275\256\346\217\233.md"
451 451
index d279af1..453d7e3 100644
452
--- "a/Perl/\343\202\255\343\203\274\343\203\257\343\203\274\343\203\211\347\275\256\346\217\233.md"
452
+++ "b/Perl/\343\202\255\343\203\274\343\203\257\343\203\274\343\203\211\347\275\256\346\217\233.md"
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
[[_TOC_]]
2
-----
2
+
3 3
# 概要
4 4
- 置換キーワードリストに従って、入力ファイル中のキーワードを置換してファイルへ出力する。
5 5
- キーワード毎に何件置換したかをレポートする。
6 6
diff --git "a/Perl/\343\203\225\343\202\241\343\202\244\343\203\253\345\220\215\346\255\243\350\246\217\345\214\226.md" "b/Perl/\343\203\225\343\202\241\343\202\244\343\203\253\345\220\215\346\255\243\350\246\217\345\214\226.md"
7 7
index dfd86af..15ceca3 100644
8
--- "a/Perl/\343\203\225\343\202\241\343\202\244\343\203\253\345\220\215\346\255\243\350\246\217\345\214\226.md"
8
+++ "b/Perl/\343\203\225\343\202\241\343\202\244\343\203\253\345\220\215\346\255\243\350\246\217\345\214\226.md"
... ...
@@ -1,7 +1,7 @@
1
-# ファイル名の正規化
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
4
+- ファイル名の正規化
5 5
- カレントディレクトリのファイル名をルールに従って正規化する。
6 6
- 正規化したいファイルを選択した後、SendTo から呼び出す。
7 7
```
... ...
@@ -11,7 +11,7 @@ perl.exe {fullpath}\normFileName.pl
11 11
- _v/r. -> _v/r ("v"または"r"に続く"."を削除。ただし拡張子の前の"."だったら削除しない)
12 12
- エラー時にメッセージを表示するようにした。(2012/07/13)
13 13
14
-## ソース
14
+# ソース
15 15
- [normFileName.zip](normFileName.zip)
16 16
```perl
17 17
# normFileName.pl
... ...
@@ -59,7 +59,7 @@ ReadKey(0);
59 59
# EOF
60 60
```
61 61
62
-## リンク
62
+# リンク
63 63
- [[文字コード|Perl/文字コード]]
64 64
65 65
- [CPAN:perl/lib/File/Basename.pm](http://search.cpan.org/dist/perl/lib/File/Basename.pm)
66 66
\ No newline at end of file
67 67
diff --git "a/Perl/\345\205\250\350\247\222\343\201\213\343\202\211\345\215\212\350\247\222\343\201\270\345\244\211\346\217\233.md" "b/Perl/\345\205\250\350\247\222\343\201\213\343\202\211\345\215\212\350\247\222\343\201\270\345\244\211\346\217\233.md"
68 68
index 4da1a74..724d380 100644
69
--- "a/Perl/\345\205\250\350\247\222\343\201\213\343\202\211\345\215\212\350\247\222\343\201\270\345\244\211\346\217\233.md"
69
+++ "b/Perl/\345\205\250\350\247\222\343\201\213\343\202\211\345\215\212\350\247\222\343\201\270\345\244\211\346\217\233.md"
... ...
@@ -1,8 +1,10 @@
1
-# 全角から半角へ変換
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## ソースコード
5
-```
3
+# 概要
4
+- 全角から半角へ変換
5
+
6
+# ソースコード
7
+```perl
6 8
#!/usr/local/bin/perl
7 9
8 10
# 全角英数記号を半角英数記号に置換
... ...
@@ -20,7 +22,7 @@ while(<STDIN>){
20 22
#EOF
21 23
```
22 24
23
-## リンク
25
+# リンク
24 26
- [perl5.8のUnicodeサポート](http://www.lr.pi.titech.ac.jp/~abekawa/perl/perl_unicode.html)
25 27
26 28
- [CPAN:Lingua-JA-Regular-Unicode](http://search.cpan.org/dist/Lingua-JA-Regular-Unicode)
27 29
diff --git "a/Perl/\345\217\202\347\205\247.md" "b/Perl/\345\217\202\347\205\247.md"
28 30
index 1c774c4..50131bf 100644
29
--- "a/Perl/\345\217\202\347\205\247.md"
31
+++ "b/Perl/\345\217\202\347\205\247.md"
... ...
@@ -1,12 +1,11 @@
1
-# 参照
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- ハッシュへの参照のテスト
6 5
7
-## ソース
6
+# ソース
8 7
- [testRef.pl](testRef.pl)
9
-```
8
+```perl
10 9
# ハッシュへの参照のテスト
11 10
12 11
use strict;
... ...
@@ -55,10 +54,11 @@ sub func
55 54
# EOF
56 55
```
57 56
58
-## 出力結果
57
+# 出力結果
59 58
```
60 59
-1
61 60
-1
62 61
-1
63 62
5
64
-10
65 63
\ No newline at end of file
64
+10
65
+```
66 66
diff --git "a/Perl/\346\227\245\347\265\214ITpro.md" "b/Perl/\346\227\245\347\265\214ITpro.md"
67 67
index 6722981..51f97e1 100644
68
--- "a/Perl/\346\227\245\347\265\214ITpro.md"
68
+++ "b/Perl/\346\227\245\347\265\214ITpro.md"
... ...
@@ -1,12 +1,11 @@
1
-# 日経ITpro
2 1
[[_TOC_]]
3
-----
4
-## いまさら聞けないPerlのお役立ちワザ
2
+
3
+# いまさら聞けないPerlのお役立ちワザ
5 4
1. [処理系のインストール, エンコーディング, PPM](http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20050829/220194/)
6 5
1. [文字列置換, 正規表現作成](http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20050901/220432/)
7 6
1. [ファイルのリネーム, 実行速度測定](http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20050905/220595/)
8 7
1. [QRコード](http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20050909/220867/)
9 8
10
-## Webプログラミング実力アップ
9
+# Webプログラミング実力アップ
11 10
1. [正しいPerl/CGIの書き方](http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071011/284280/)
12 11
1. [Webアプリケーション・フレームワーク入門](http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071011/284283/)
13 12
\ No newline at end of file
14 13
diff --git "a/Perl/\346\233\234\346\227\245\343\201\256\350\250\210\347\256\227(Zeller\343\201\256\345\205\254\345\274\217).md" "b/Perl/\346\233\234\346\227\245\343\201\256\350\250\210\347\256\227(Zeller\343\201\256\345\205\254\345\274\217).md"
15 14
index ee4c94f..58604ef 100644
16
--- "a/Perl/\346\233\234\346\227\245\343\201\256\350\250\210\347\256\227(Zeller\343\201\256\345\205\254\345\274\217).md"
15
+++ "b/Perl/\346\233\234\346\227\245\343\201\256\350\250\210\347\256\227(Zeller\343\201\256\345\205\254\345\274\217).md"
... ...
@@ -1,12 +1,12 @@
1
-# 曜日の計算 (Zellerの公式)
2 1
[[_TOC_]]
3
-----
4
-## 概要
2
+
3
+# 概要
4
+- 曜日の計算 (Zellerの公式)
5 5
- ある日付の曜日を計算する。
6 6
- 計算できるのは、1582年10月15日(金)以降。
7 7
8
-## ソース
9
-```
8
+# ソース
9
+```perl
10 10
#!/usr/bin/perl
11 11
12 12
# 年月日の指定(例:1945年8月15日水曜日)
... ...
@@ -44,7 +44,7 @@ sub calcZeller
44 44
# EOF
45 45
```
46 46
47
-## リンク
47
+# リンク
48 48
- [曜日 〜Zeller(ツェラー)の公式〜](http://easycgi.xrea.jp/tips/perl/zeller.htm)
49 49
- [WikiPedia.ja:ツェラーの公式](http://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%83%84%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%85%ac%e5%bc%8f)
50 50
- [WikiPedia.ja:月_(暦)](http://ja.wikipedia.org/wiki/%e6%9c%88%5f%28%e6%9a%a6%29)
51 51
diff --git "a/Perl/\346\234\252\345\256\232\347\276\251\343\202\263\343\203\274\343\203\211\347\275\256\346\217\233.md" "b/Perl/\346\234\252\345\256\232\347\276\251\343\202\263\343\203\274\343\203\211\347\275\256\346\217\233.md"
52 52
index 420cd48..55d0af3 100644
53
--- "a/Perl/\346\234\252\345\256\232\347\276\251\343\202\263\343\203\274\343\203\211\347\275\256\346\217\233.md"
53
+++ "b/Perl/\346\234\252\345\256\232\347\276\251\343\202\263\343\203\274\343\203\211\347\275\256\346\217\233.md"
... ...
@@ -1,15 +1,14 @@
1
-# テキストファイル中の Latin-1 未定義コードの置換
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
5 4
- 置換コードリストに従って、入力テキストファイル中の未定義コードを置換してファイルへ出力する。
6 5
- コード毎に何件置換したかをレポートする。
7 6
8
-## ダウンロード
7
+# ダウンロード
9 8
- [replaceCode.zip](replaceCode.zip)
10 9
11
-## ソースコード
12
-```
10
+# ソースコード
11
+```perl
13 12
# テキストファイル中の Latin-1 未定義コードの置き換え
14 13
15 14
use strict;
... ...
@@ -55,4 +54,5 @@ open( OUT, '>'.$outfile ) || die( "can't open '$outfile'.\n" );
55 54
print OUT $outbody;
56 55
close( OUT );
57 56
58
-# EOF
59 57
\ No newline at end of file
58
+# EOF
59
+```
60 60
diff --git "a/Perl/\347\211\271\346\256\212\346\226\207\345\255\227\343\201\256\343\202\250\343\202\271\343\202\261\343\203\274\343\203\227.md" "b/Perl/\347\211\271\346\256\212\346\226\207\345\255\227\343\201\256\343\202\250\343\202\271\343\202\261\343\203\274\343\203\227.md"
61 61
index 2d47806..07a2b28 100644
62
--- "a/Perl/\347\211\271\346\256\212\346\226\207\345\255\227\343\201\256\343\202\250\343\202\271\343\202\261\343\203\274\343\203\227.md"
62
+++ "b/Perl/\347\211\271\346\256\212\346\226\207\345\255\227\343\201\256\343\202\250\343\202\271\343\202\261\343\203\274\343\203\227.md"
... ...
@@ -1,16 +1,15 @@
1
-# 特殊文字のエスケープ
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 注意
3
+# 注意
5 4
- HTML のエスケープには encode_entities を使いましょう。([CPAN:HTML-Parser/lib/HTML/Entities.pm](http://search.cpan.org/dist/HTML-Parser/lib/HTML/Entities.pm))
6 5
- URI のエスケープには uri_escape を使いましょう。([CPAN:URI/URI/Escape.pm](http://search.cpan.org/dist/URI/URI/Escape.pm))
7 6
- 正規表現をエスケープする時は quotemeta 。([perldoc.jp:func/quotemeta](http://perldoc.jp/func/quotemeta))
8 7
- SQL は自分でエスケープせず、プレースホルダと bind を使いましょう。
9 8
10
-## 概要
9
+# 概要
11 10
- 入力された文字列などの中のHTMLとして直接記述できない文字をエスケープする。
12 11
13
-## ソースコード
12
+# ソースコード
14 13
```perl
15 14
#!/usr/bin/perl
16 15
# HTML用にエスケープ処理を行う。
... ...
@@ -56,7 +55,7 @@ sub htmlEscapeE {
56 55
# EOF
57 56
```
58 57
59
-## 出力
58
+# 出力
60 59
```
61 60
Test:
62 61
He said, "<em>Enjoy & Exciting!</em>."
... ...
@@ -80,7 +79,7 @@ sub escapeSurrogatePair {
80 79
}
81 80
```
82 81
83
-## Link
82
+# Link
84 83
- [[EscapeSlash|Perl/EscapeSlash]]
85 84
86 85
- [勝手に添削 - 40行で作るPerl用テンプレートエンジン](http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50940023.html)
87 86
diff --git "a/Perl/\350\207\252\345\213\225\343\203\225\343\203\251\343\203\203\343\202\267\343\203\245(\343\203\220\343\203\203\343\203\225\343\202\241\343\203\252\343\203\263\343\202\260)\343\201\256\345\210\266\345\276\241.md" "b/Perl/\350\207\252\345\213\225\343\203\225\343\203\251\343\203\203\343\202\267\343\203\245(\343\203\220\343\203\203\343\203\225\343\202\241\343\203\252\343\203\263\343\202\260)\343\201\256\345\210\266\345\276\241.md"
88 87
index aa39403..5d2942f 100644
89
--- "a/Perl/\350\207\252\345\213\225\343\203\225\343\203\251\343\203\203\343\202\267\343\203\245(\343\203\220\343\203\203\343\203\225\343\202\241\343\203\252\343\203\263\343\202\260)\343\201\256\345\210\266\345\276\241.md"
88
+++ "b/Perl/\350\207\252\345\213\225\343\203\225\343\203\251\343\203\203\343\202\267\343\203\245(\343\203\220\343\203\203\343\203\225\343\202\241\343\203\252\343\203\263\343\202\260)\343\201\256\345\210\266\345\276\241.md"
... ...
@@ -1,5 +1,5 @@
1 1
# 自動フラッシュ(バッファリング)の制御
2
-```
2
+```perl
3 3
# 自動フラッシュ有効化 (バッファリングを無効化)
4 4
$| = 1;
5 5
... ...
@@ -18,4 +18,5 @@ for( $i=0; $i<=$end; $i++){
18 18
printf( "%d/%d\r", $i, $end );
19 19
sleep(1);
20 20
}
21
-printf( "\n" );
22 21
\ No newline at end of file
22
+printf( "\n" );
23
+```
23 24
diff --git "a/Perl/\350\241\214\346\234\253\346\224\271\350\241\214\343\201\256\345\211\212\351\231\244.md" "b/Perl/\350\241\214\346\234\253\346\224\271\350\241\214\343\201\256\345\211\212\351\231\244.md"
24 25
index 278c97f..e01689d 100644
25
--- "a/Perl/\350\241\214\346\234\253\346\224\271\350\241\214\343\201\256\345\211\212\351\231\244.md"
26
+++ "b/Perl/\350\241\214\346\234\253\346\224\271\350\241\214\343\201\256\345\211\212\351\231\244.md"
... ...
@@ -1,12 +1,12 @@
1
-# 行末改行の削除
2 1
[[_TOC_]]
3 2
4
-## 概要
3
+# 概要
4
+ 行末改行の削除
5 5
- ファイルを読み込み、行末改行を一括削除する。
6 6
- 「CRLF」「LF」のどちらでも対応できるようにする。
7 7
8
-## ソースコード
9
-```
8
+# ソースコード
9
+```perl
10 10
use strict;
11 11
use utf8;
12 12
... ...
@@ -24,4 +24,5 @@ chomp( @file );
24 24
25 25
# 実際の処理
26 26
27
-# EOF
28 27
\ No newline at end of file
28
+# EOF
29
+```